許せん! Macが伝統のフォントを拒否? Win発のフォントならOKって……(ZDNet Japanブログより)

David Morgenstern 2007年11月30日 17時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 感謝祭の休みを利用して、Appleの新しいサポート情報をチェックしてみたところ、神経を逆なでされる記事を見つけた。「Mac OS X 10.5 Leopard」とAppleのプレゼンテーションソフトウェア「Keynote」に関するもので、これによると両製品は、1986年からMacで使用されてきた複数のフォントが気にくわないらしい。

 記事には、「Mac OS 10.5(Leopard)システムで特定のフォントを使用した場合、Keynoteが突然シャットダウンする場合があります。特に、テキストにビルドを追加する際、こうした現象が起こっています」とある。特定のフォントとは、「Courier Oblique」「Courier Bold Oblique」「Helvetica Oblique」「Helvetica Bold Oblique」だ。

全文はこちら--「アップルコア」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR