Linuxディストロ「Ubuntu 8.04 Alpha 1」リリース--Xorg 7.3を採用

原井彰弘 2007年12月03日 13時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Canonicalは11月30日、Linuxディストリビューション「Ubuntu」の新バージョン「Ubuntu 8.04 Alpha 1」をリリースした

 Ubuntuは、主にデスクトップ用途をターゲットとしたオープンソースのLinuxディストリビューション。簡単なインストール作業ですぐに使い始めることができ、ソフトウェアのアップデートも容易に行えることを特徴としている。また、多言語サポートにも力を入れている。

 今回リリースされたのは、Ubuntuの次期バージョン「Ubuntu 8.04」(コードネーム「Hardy Heron」)のアルファ版。新たに、最新のウィンドウシステム「Xorg 7.3」が搭載され、設定ファイルを書き替えることなく自動で設定の変更が可能になったほか、Ubuntuのベースとなっているディストリビューション「Debian GNU/Linux」でなされた数多くの変更が取り込まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!