ソフト開発で一番重要なのは、腕力でも技術力でもなく……(ZDNet Japanブログより)

こまつ みつのり 2007年12月03日 20時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェア開発においては腕力以外の様々な能力が必要となってきますが、本当に重要なのは「想像力」だと思うようになってきました。「想像力」は指示通りの業務を行う場合でも必要になってきますよねぇ。

 「ZZZZ画面の設計」を任せられた場合、ユーザーが使いやすいUIは? DBへのI/Oは? などを頭の中に思い描き、(粒度はどうあれ)何かしら目に見える資料に落とし込む必要がありますし、お客様と新規システムについて打ち合わせる際には、求めている機能は何か?を想像する必要があります。しかし、本当に「想像力」が利いてくるのは「問題をイメージしリスクを嗅ぎつけることができるかどうか」だと思います。

 プログラミングを例にとってみようと思いますが、一口にプログラミングといってもプロジェクトや組織によって範囲が広く、既に詳細設計書がガチガチに書きあがっていてその通りにコーディングするケースもあれば、ソフトウェアのデザインから設計しプログラミングを進めるケースもあり、それぞれ「想像力」の重要度も変わってくると思います。当然、前者のほうは後者に比べると「想像力」の出番がなさそうですが、実はとても大切な仕事があります。

全文はこちら--「log4day〜1人月からの脱却」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?