4日で次のリリース―Firefoxに何が?

後藤大地(オングス) 2007年12月03日 21時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Corporationは11月30日(米国時間)、「Firefox 2.0.0.11」を公開した。安定性の向上およびセキュリティフィックスが行われている。26日(米国時間)の前バージョン公開からわずか4日間という短期間でアップデートされたことになる。

 これは2.0.0.10においてCanvas APIのdrawImage()が正しく動作していない問題が発見されたためだ。Canvas drawImageのサンプルにアクセスしてグラフが表示されないようならdrawImage()は正しく動作していない。Firefoxのアップグレードが必要だ。

 いってしまうと、2.0.0.10は失敗のリリースだったということになる。Canvas drawImageが動かないというのは特定のアプリケーションにとっては致命的なことであって、正式リリース版にはあってはならないことだ。プロジェクトでは今後こうした問題が発生しないよう、試験を追加する。

 しかし、問題が発覚してからほかのバグも含めて4日後には次の正式版が配布されたのは評価すべきだろう。大規模アプリケーションはリリースの動きが鈍重になりがちだが、Firefoxプロジェクトのフットワークは十分に軽いようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから