Firefoxベースの統合アプリ「SeaMonkey」アップデート

後藤大地(オングス) 2007年12月03日 21時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月30日(米国時間)、安定性の向上とセキュリティ修正を目的としてSeaMonkeyの最新版「SeaMonkey 1.1.7」が公開された。修正された内容はFirerfox 2.0.0.10に準拠する。また、Firefox 2.0.0.010にはCanvas drawImage()バグが存在し、2.0.0.11がリリースされたが、この問題はSeaMonkey 1.1.7で修正されているためFirefox 2.0.0.11のような緊急リリースは不要となる。

 SeaMonkeyはFirefox、Thunderbird、Camino、Sunbird、Miroなどのコードを活用して開発されているオールインワンタイプの統合アプリケーション。FirefoxやThunderbirdと同じコードベースを採用しているため、Firefoxで発生した問題はSeaMonkeyでも発生することが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR