MS Virtual Server、2014年で終了

後藤大地(オングス) 2007年12月04日 14時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのIT Pro EvangelistであるJames O'Neill氏が11月30日(米国時間)に自身のブログで明らかにした内容によると、Virtual Server 2005のサポートは2014年に終了し、以後Virtual Serverのアップデートリリースは行われないということだ。Microsoftは仮想化技術をHyper-Vの名のものとで展開していくことを発表している。

 Hyper-V製品は当初サーバーサイドの仮想化技術として発表される見通し。デスクトップの仮想化技術としてHyper-Vが採用されるかどうかはまだ不透明な状況だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!