豪州でも人気Firefox、一方Vistaは苦戦

後藤大地(オングス) 2007年12月04日 15時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PC Authorityは4日(オーストラリア時間)、同社が実施したテクニカルサーベイの結果を発表した。PC部門はApple、ノートPC部門はASUSと富士通、インクジェットプリンタ部門はキヤノン、レーザプリンタ部門は沖電気、デジカメ部門はニコン、液晶モニタ部門はサムスン、ハードディスク部門はSeagate、MP3プレーヤ部門はiRiver、ソフトウェア部門はFireFox、Acronis True Image、Photoshop CS3が優勝している。

 一方残念な結果に終わったのはWindows Vistaだ。オンラインショップなどにおける購入を考慮しているため、OEMで導入されることが多いWindows Vistaと比較するのはフェアではない気もするが、Microsoftが期待していたほどユーザに訴求できていないという従来の報告がそのまま調査結果に現れているようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!