新Flash Player - H.264・Leopard・Linuxフルスクリーン対応

後藤大地(オングス) 2007年12月04日 16時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは3日(米国時間)、Flash Player 9の最新版となる「Flash Player 9 Update 3 (9.0.115.0)」を公開した。マイナーアップデートリリースだが、注目にしておきたい変更内容になっている。AdobeのProduct Manager for Adobe Flash Playerを務めるEmmy Huang氏は自身のブログにおいてその旨を述べている。

 Update 3 (9.0.115.0)ではオーディオ/ビデオオプションにH.264/HE-AACコーデックサポートが追加されたほか、Mac OS X Leopardサポートの追加、Linuxにおけるフルスクリーンモードのサポート、各種パフォーマンス改善(レンダリングにおけるマルチコアサポートの実現、フルスクリーンモードにおけるハードウェアスケーリング機能の追加、マルチスレッドビデオデコーディングの実装、イメージスケーリングに新しいアルゴリズムを採用、SWFサイズとアプリケーションローディング時間を減少させるキャッシュの実装)が実現されている。

 これ以外にバグも修正されており、アップデートをオススメしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから