フォトレポート:Koenigseggのスポーツカー「CCX」と「CCXR」--限定モデルの画像公開

CNET News.com Staff 2007年12月12日 10時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 自動車メーカーのKoenigseggは、スポーツカー「CCX」と「CCXR」の特別仕様モデルの噂と真偽不明のレンダリングをインターネット上で見聞きしてきたファンたちをついに満足させた。これらの特別仕様車は、2008年にジュネーブで開催される「Geneva Auto Show」まで正式発表されないが、Koenigseggはファンを喜ばせるために数枚の画像を先行公開している。Koenigseggによると、両モデルとも同社が既存の顧客の要望に応えて開発されてきたもので、5リッターのツインスーパーチャージャーエンジンを搭載する予定だという。バックギア付きの6速ミッション車で、可能であれば、ハイウェイよりもレーストラックで走る方が、より実力を発揮できるだろう。限定版の両モデルは、停止から時速100kmまで2.9秒で加速する。最高時速は、バイオ燃料車のCCXRが時速417km以上、ガソリン車のCCXが時速400km以上となっている。
 自動車メーカーのKoenigseggは、スポーツカー「CCX」と「CCXR」の特別仕様モデルの噂と真偽不明のレンダリングをインターネット上で見聞きしてきたファンたちをついに満足させた。これらの特別仕様車は、2008年にジュネーブで開催される「Geneva Auto Show」まで正式発表されないが、Koenigseggはファンを喜ばせるために数枚の画像を先行公開している。Koenigseggによると、両モデルとも同社が既存の顧客の要望に応えて開発されてきたもので、5リッターのツインスーパーチャージャーエンジンを搭載する予定だという。バックギア付きの6速ミッション車で、可能であれば、ハイウェイよりもレーストラックで走る方が、より実力を発揮できるだろう。限定版の両モデルは、停止から時速100kmまで2.9秒で加速する。最高時速は、バイオ燃料車のCCXRが時速417km以上、ガソリン車のCCXが時速400km以上となっている。

 自動車メーカーのKoenigseggは、スポーツカー「CCX」と「CCXR」の特別仕様モデルの噂と真偽不明のレンダリングをインターネット上で見聞きしてきたファンたちをついに満足させた。これらの特別仕様車は、2008年にジュネーブで開催される「Geneva Auto Show」まで正式発表されないが、Koenigseggはファンを喜ばせるために数枚の画像を先行公開している。Koenigseggによると、両モデルとも同社が既存の顧客の要望に応えて開発されてきたもので、5リッターのツインスーパーチャージャーエンジンを搭載する予定だという。バックギア付きの6速ミッション車で、可能であれば、ハイウェイよりもレーストラックで走る方が、より実力を発揮できるだろう。限定版の両モデルは、停止から時速100kmまで2.9秒で加速する。最高時速は、バイオ燃料車のCCXRが時速417km以上、ガソリン車のCCXが時速400km以上となっている。

提供:Koenigsegg

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!