増加するSNSへの攻撃--運営者はどう対応すべきか?(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet) 2007年12月04日 20時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セカンドライフで暮らす住人たちは、Warning to their blog(注意書きブログ)をあげていて、セカンドライフ内の“Viewer”(クライアントソフトウェア)でQuicktimeがストリーミングビデオを再生する際にバグが発生することが寄せられています。このバグはViewerをクラッシュさせてしまいます。

 私が興味深いと思ったのは、セカンドライフは、全てのコンテンツを彼らの基準、あるいは仮想世界上でモニタリングすることができ、バグに対する実行コードが見つかると、ユーザーに警告を発することが可能だということです。差し当たり、彼らは、セカンドライフ上で良く知られた地域を散策している時には、Quicktimeの起動を容認しないことを奨めています。Linden Lab の、この脅威に対する積極的なユーザーへのアラートに賞賛を送りたいと思います。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!