WS-Securityのサポート強化:Webサービステストツール「soapUI 2.0 beta2」

原井彰弘 2007年12月05日 15時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 eviwareは12月3日、ウェブサービスのテストツール「soapUI」の新バージョン「soapUI 2.0 beta2」をリリースした。

 soapUIは、GUIアプリケーションとして提供されているオープンソースのウェブサービステストツール。SOAP(Simple Object Access Protocol)を用いたウェブサービスを提供、利用する開発者を対象としており、機能テストや負荷テストを提供している。特に、ウェブサービスのモックを容易に作成できるのが特徴だという。また、Eclipse、IntelliJ IDEA、NetBeans向けのプラグインも提供されている。

 今回リリースされた新バージョンでは、カバレッジ機能やWSDLのリファクタリング機能が強化されたほか、認証情報のインスペクタが搭載された。また、beta 1で初めてサポートされたメッセージの信頼性を保証するための仕様「WS-Security」に関しては、新たにプロジェクトレベルで設定を行うことが可能になったほか、soapUIの他の機能との連携も可能になるなど、大幅にサポートが強化された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!