KDDI、ISMS適合性評価制度の認証登録範囲を拡大

松田真理(マイカ) 2007年12月05日 20時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは11月30日に、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際標準規格である「ISO/IEC27001:2005」の認証登録範囲を拡大した。ISO/IEC27001:2005とは、審査登録機関が認証を希望する事業者の適合性を評価する基準のこと。

 同社では、すでに渋谷テクニカルセンター、木場計算センター、技術渉外室、法務部、カスタマーサービス本部など、複数の事業所でISMS認証を取得している。今回、情報セキュリティレベルの向上を図るため、認証登録範囲を全社の約50%に拡大した。

 拡大した登録範囲は、各総支社や事業所、人事部、社員力強化センター、カスタマーサービス本部の一部、au建設本部の各エンジニアリングセンター、コア技術統括本部、FMC事業企画部、ICT事業本部(国際営業/システムソリューション本部を除く)、ケーブル事業推進室、au業務企画部、コンシューマ営業管理部の一部、福岡テレマケーティングセンター、コンシューマ営業本部の各支社。

 今後、同社は認証範囲を段階的に拡大し、2008年度末までに全社でISMS認証の取得を目指すとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR