フォトレポート:マイクロソフトのセキュリティ作戦司令室

CNET News.com Staff 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也 2007年12月12日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoftの現在のセキュリティ慣行の多くは、過去10年間で学んできた手痛い教訓にその源をたどることができる。ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社にあるSecurity Response Centerはこれらの教訓から育て上げたものだ。この写真が示すように、2つの部屋からなるMicrosoftのセキュリティ「作戦司令室」の外部には、入り口を示すサインが見える。1つの部屋はバグ探しの技術的な作業を行う部屋で、もう1つは顧客や社外向けのPRに専念する。2つの部屋は1つの扉でつながっている。
 Microsoftの現在のセキュリティ慣行の多くは、過去10年間で学んできた手痛い教訓にその源をたどることができる。ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社にあるSecurity Response Centerはこれらの教訓から育て上げたものだ。この写真が示すように、2つの部屋からなるMicrosoftのセキュリティ「作戦司令室」の外部には、入り口を示すサインが見える。1つの部屋はバグ探しの技術的な作業を行う部屋で、もう1つは顧客や社外向けのPRに専念する。2つの部屋は1つの扉でつながっている。

 Microsoftの現在のセキュリティ慣行の多くは、過去10年間で学んできた手痛い教訓にその源をたどることができる。ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社にあるSecurity Response Centerはこれらの教訓から育て上げたものだ。この写真が示すように、2つの部屋からなるMicrosoftのセキュリティ「作戦司令室」の外部には、入り口を示すサインが見える。1つの部屋はバグ探しの技術的な作業を行う部屋で、もう1つは顧客や社外向けのPRに専念する。2つの部屋は1つの扉でつながっている。

提供:Ina Fried/CNET News.com

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!