旭エレ、大規模Trap受信管理機能を新たに標準実装した「NetworkKeeper Ver.2」をリリース

宮本利明 2007年12月06日 01時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旭エレクトロニクスは12月5日、大規模Trap受信管理機能を標準実装した、ネットワーク監視・管理ソフト「NetworkKeeper Ver.2」を発表した。

 ルータ、スイッチ、サーバー等のSNMPエージェントからの異常検知(SNMPトラップ)を受信すると判りやすく一覧表示し、あらかじめ登録した豊富な通知方法で管理者へ即座に伝える。ネットワーク機器の障害発生に対する監視機能を強化した。

 本製品のベースシステムは、大手テレコム企業向け大規模管理システムとして、数万インターフェース規模から最大10万インターフェース規模の各種商用サービスネットワーク運用管理に活用されている。

 ウェブブラウザによる操作画面を通して、小規模から大規模ネットワークまでの一元管理運用を可能にするOSS(LAMP、LAPP)ベースのネットワーク監視・管理ソフト。動作環境はLinux。Apache、PHP、MySQLもしくはPostgreSQL、および無償のZend Optimizerが必要になる。価格は、Standard Editionが38万円、Enterprise Editionが158万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR