cvsに接続できない

OKWave 2007年12月06日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cvsに接続できない

いつも参考にさせていただいています。
centos5をインストールしたマシンに、CVSをインストールしました。

参考にした資料は下記URLのPDFです。
http://works.nri.co.jp/service/pdf/cvs_redhat.pdf

インストールが完了し、


cvs -d ':pserver:root@ホスト名:/usr/local/cvsrepo' login

と入力するとパスワードが聞かれるので、rootユーザのパスワードを入力すると、


unrecognized auth response from ホスト名: cvs pserver :can not 
open /usr/local/cvsrepo/CVSROOT/config:Permission denied

とエラーが発生します。
パーミッションの設定がおかしいのかな?と思ったのですが具体的にどうしたらいいのかわからずじまいです。
ちなみに/CVSROOT/configのパーミッションは

-r--r--r-- 1 root uroot …

みたいな感じです。
どこが悪いのでしょうか?
どうか宜しくお願いします。

良回答

CentOS5で構築して、参考にした資料がRedhat Linux 7.2ですか…。
10年ほどの差があるような気がしますが。

とりあえず、SELinuxの設定はどうなっていますか?
無効にしたらログインできるかと思われます。

# 参考資料では/etc/xinetd.d/cvspserverを新規作成する。とか/etc/servicesに追加する。
# とありますが、CentOS5で普通にcvsをインストールすると、/etc/servicesには設定済みで、/etc/xinetd.dにはcvsというファイルがありますので、
# cvspserverの変わりにcvsの内容を書き換えることになります。
# disableとserver_args程度かと思いますが。
# 他の項目はman xinetd.conf参照してください。

SELinuxを有効にしつつ、cvsを使うとすると…結構手間が掛かるかも知れません。

# ちなみに、私はcvsではなくsubversion使っています。
# 特別な理由がない場合、subversionの方がよいかと思いますが…。

## SELinuxを有効にしている状態で、ファイルや゛ィレクトリのパーミッションも正しいハズなのに
## 「Permission denied」と言われたら…SELinuxを疑ってみましょう http://d.hatena.ne.jp/jyukutyo/searchdiary?word=*%5Blinux%5D

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!