CIツールのTeamCityに無償版

後藤大地(オングス) 2007年12月06日 12時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JetBrainsは「TeamCity 3.0」を公開した。TeamCityはグループ作業や効率的なビルド管理や継続的インテグレーション(CI)を支援するためのツール。プロジェクト単位でのアクセス制御機能の実現、ユーザ定義に従った統計チャート作成機能、StarTeamサポートの追加、C#/Visual Basic .NETコードにおける重複コードの発見機能、バージョンコントロールラベル機能などが実追加されている。

 こうした機能アップグレード以外にも、無償版が提供されることに注目したい。プロフェッショナルエディションとエンタープライズエディションの二つが用意されており、うちプロフェッショナルエディションが無償で提供ている。既存の有料ユーザーは無償でエンタープライズエディションへアップグレードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR