SAPさん「カスタマイズより拡張!」って、結局何が言いたいの?(ZDNet Japanブログより)

Joe McKendrick 2007年12月06日 21時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPが、「カスタマイズはもう古い。今は拡張の時代だ」と言っている。

 ふむ、なるほど…って、いったいどういう意味だ?

 冒頭の発言は、ZDNetのブロガーであるMichael Krigsman氏が、今週開催された「SAP Influencer Summit」で拾ってきたものである。

 Krigsman氏は、SAPは「カスタマイズではなく拡張」を合い言葉に、SOAビジネスを展開していると言う。SAPのPeter Zenke氏は、ERP大手の同社は「SAPのSOAサービスに接続する『コンポジションレイヤー』」の使用を広め、「SAPソフトウェアを業界細分化に付随する特殊な要求を満たすよう適応させる、一般に認知された手段」としていく意向だと、同イベントで説明したそうだ。

全文はこちら--「ZDNet.com SOAブログ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!