「Skype」に危険度の高い脆弱性

荒浪一城 2007年12月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Secuniaは12月7日(デンマーク時間)、P2Pの音声通信サービス「Skype」にシステムアクセスの脆弱性が存在すると公表した。Secuniaでは影響度を「Highly critical」に位置づけている

 "skype4com"URIの処理に問題があり、短い文字列の値を処理する際に、メモリーのヒープ領域が破損するおそれがあるという。この脆弱性は11月15日にリリースされた3.6 Gold以前のバージョンで報告されている。

 影響を受けるバージョンは、Skype for Windows 1.x、Skype for Windows 2.x、Skype for Windows 3.x。解決策は最新版へのアップデート。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから