Javaをネイティブアプリへ変換する「Excelsior JET 6.0」

中沢雅志 2007年12月10日 15時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Excelsiorは、Javaアプリをネイティブアプリへ変換するツール「Excelsior JET 6.0」をリリースした。

 Excelsior JETは、Javaで作成されたクラスやjarファイルを、ネイティブアプリケーションに変換するツール。変換することで、逆コンパイルから保護し、JRE(Java実行環境)に依存しないJavaアプリケーションのインストーラを作成することが可能だ。

 Excelsior JET 6.0では、新たに「Java SE6」に対応し、サポートするプラットフォームはWindows Vista、Red Hat Enterprise Linux 5が追加された。Java SE 5.0 UPDATE13以降もサポートする。

今回のリリースで追加された機能としては、Excelsior Installer wizardによりWindows上での一般的なインストールを実現したほか、JetPackIIを用いることで、新たに更新パッケージを作成した際に、オリジナルインストールから新たに追加・更新されたファイル・ディレクトリの違いの追跡が可能になった。

 さらに、IntelliJ IDEA 7.0で動作するIntelliJ IDEA プラグインの更新や、効率的なメモリ管理、より良いレジスタアロケーションによる性能向上が挙げられている。

 サポートされる開発環境、および実行環境の詳細はExcelsiorのWebサイトに掲載されている「Excelsior JET System Requirements」を参照して頂きたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR