mixiよりも高い成長率を記録する日本企業:トーマツら調査

荒浪一城 2007年12月10日 20時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デロイト トウシュ トーマツは、「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」を発表した。

 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」は、アジア太平洋地域のテクノロジー、メディア、テレコミュニケーション業界における企業の売上高成長率によるランキング。直近3年間の売上高成長率を対象とする。

 第6回の参加国は、オーストラリア、中国(香港・マカオを含む)、インド、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、ニュージーランド、シンガポール、台湾、タイ、そしてベトナムの13カ国である。

 日本からは、6512%の成長を遂げた光ネットワーク用光部品の開発、製造、販売を行っているファイベストが6位となり、2年ぶりの日本企業トップ10入りとなった。

 そのほか、UBIC(フォレンジック調査、ディスカバリー支援、ツール販売)が3948%で11位、ジークレスト(オンラインゲームの企画、開発、運営、販売)が2187%で19位を獲得した。

 500社全体の平均成長率は過去最高となる540%(昨年比141%増)で、上位5社の平均成長率も前年の2倍以上におよぶ27542%という好結果。特に、昨年の54社から82社へとランクイン企業を伸ばしたインドが、テクノロジー台頭国として躍進したという。

 ランキングを業種別にみると、ソフトウェア分野から129社、続いて半導体分野から120社、ネットワーキング・コミュニケーション分野から83社がランクインしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?