2006年国内セキュリティサービス市場、出荷金額は前年比17.3%増の4830億円

奥山順子 2007年12月10日 20時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは12月10日、「2007年 国内セキュリティサービス市場動向:セキュリティ運用管理サービスのアウトソーシング」の調査結果を発表した。

 発表によると、2006年の国内セキュリティサービス市場の出荷金額はコンプラ イアンス関連のシステム構築サービスや接続サービスに関するセキュリティサービス が伸び、前年度比17.3%増の4830億円に達した。

 出荷金額をサービスベンダー業態別にみると、システムインテグレーター市場 が前年比13.5%増の2691億円、セキュリティ専業ベンダーの市場が前年比24.1%増の 281億円、通信事業者の市場が前年比22.2%増の1858億円となっている。

 同社のセキュリティ リサーチマネージャーの花岡秀樹氏は「セキュリティサー ビス市場の伸びは堅調であるが、対策技術が複雑化、高度化し、さらに多岐に渡るた め、サービス提供に人手がかかり、利益率が低下する傾向がある。サービスベンダー はテンプレート化などによりサービス提供コスト効率を高め、ユーザーから見ても投 資対効果の高いソリューションを提供する必要がある」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?