各プロセッサ内蔵のTSCの内容が一致していることを確認するメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年12月11日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

checking TSC synchronization across number CPUs:

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

各プロセッサ内蔵のTSCの内容が一致していることを確認する。

TSC(Time Stamp Counter)はインテルのプロセッサ内部に内蔵された64ビットのカウンタである。カウント値はプロセッサの入力クロック毎にインクリメントされる。マルチプロセッサシステムにおいて、実際に起動されたプロセッサ間にTSCの内容を同期する必要がある。カーネルは起動時にBP(Boot Processor)が順番に各AP(Application Processor)のTSCの内容を読み取り、足した値を有効CPU数で割って平均値を計算した後、各APのTSCを同期させる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!