NRI、組み込み系ソフトウェア開発企業対象にセキュリティ強化サービス

奥山順子 2007年12月12日 19時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所は12月12日より、家電や携帯電話、オフィス機器などの組み込 み系ソフトウェア開発を行っている企業向けに、オープンソースソフトウェアのセ キュリティ強化サービスを開始すると発表した。

 新サービスでは、ApacheやTomcatなどがインストールされているウェブサーバ、 CVSやSubversionなどが入ったバージョン管理ツールなどを対象に、オープンソー ス・サポートサービス「OpenStandia」を用いて認証・認可やアクセスログの取得、 データのバックアップやシステム管理などを一元的にセキュリティ管理するもの。

 すでに使用しているオープンソースの文書やプログラム管理ツールを活用できるため、低コストを維持できるという。そのほか、オプションとして仮想化技術を用いたサーバ 統合も行う。

 価格は1システムあたり300万円から。同社では2008年度までにサーバ2000台の サービス利用を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR