フォトレポート:マイクロソフトのバグハンターたち

文:CNET New.com Staff  翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也 2007年12月14日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoftではバグハンターたちが過去10年にわたり、Microsoftのセキュリティ慣行を形づくるのに力を尽くしてきた。CNET News.comスペシャルレポートでは、今日のセキュリティ慣行が同社が直接学んだ手痛い教訓にどれだけ原因をたどることができるかなどを紹介している。これはその記事にまつわるフォトレポートである。こちらの写真はMicrosoftのAndrew Cushman氏が、セキュリティの重要性を強調するためにバグの衣装に身を包む様子。1998年の社内「バグバッシュ」で衣装を身に付けるCushman氏の隣にいるのは、Windows開発チームリーダーのBrian Valentine氏。「バグスーツを着たのは、チームメンバーが面白がって参加して来させるのが狙いだ。私が馬鹿をやるほどミーティングが重要なんだということを身をもって示した」と語る。Cushman氏はMicrosoft Security Response Centerのディレクター。
 Microsoftではバグハンターたちが過去10年にわたり、Microsoftのセキュリティ慣行を形づくるのに力を尽くしてきた。CNET News.comスペシャルレポートでは、今日のセキュリティ慣行が同社が直接学んだ手痛い教訓にどれだけ原因をたどることができるかなどを紹介している。これはその記事にまつわるフォトレポートである。こちらの写真はMicrosoftのAndrew Cushman氏が、セキュリティの重要性を強調するためにバグの衣装に身を包む様子。1998年の社内「バグバッシュ」で衣装を身に付けるCushman氏の隣にいるのは、Windows開発チームリーダーのBrian Valentine氏。「バグスーツを着たのは、チームメンバーが面白がって参加して来させるのが狙いだ。私が馬鹿をやるほどミーティングが重要なんだということを身をもって示した」と語る。Cushman氏はMicrosoft Security Response Centerのディレクター。

 Microsoftではバグハンターたちが過去10年にわたり、Microsoftのセキュリティ慣行を形づくるのに力を尽くしてきた。CNET News.comスペシャルレポートでは、今日のセキュリティ慣行が同社が直接学んだ手痛い教訓にどれだけ原因をたどることができるかなどを紹介している。これはその記事にまつわるフォトレポートである。こちらの写真はMicrosoftのAndrew Cushman氏が、セキュリティの重要性を強調するためにバグの衣装に身を包む様子。1998年の社内「バグバッシュ」で衣装を身に付けるCushman氏の隣にいるのは、Windows開発チームリーダーのBrian Valentine氏。「バグスーツを着たのは、チームメンバーが面白がって参加して来させるのが狙いだ。私が馬鹿をやるほどミーティングが重要なんだということを身をもって示した」と語る。Cushman氏はMicrosoft Security Response Centerのディレクター。

提供:Microsoft

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから