サイボウズOfficeやガルーンに脆弱性--XSSやHTTPヘッダインジェクションなど

吉澤亨史 2007年12月12日 20時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JPCERT/CCはこのほど、サイボウズ製品に4件のセキュリティ脆弱性が確認されたとして、注意を呼びかけた。対象となる製品は、「サイボウズ Office」や「サイボウズ ガルーン」など複数の製品で、クロスサイトスクリプティング(XSS)やHTTPインジェクションなどを実行されたり、DoS攻撃を受ける可能性がある。

 影響を受けるバージョンは、サイボウズ Office 6.6とそれ以前 、サイボウズ ガルーン 1.5、「サイボウズ ガルーン ワークフロー 1.0」とそれ以前、「サイボウズ ガルーン ファイル管理サーバー 1.0」とそれ以前、「サイボウズ ガルーン 掲示板サーバー 1.0」とそれ以前、「サイボウズ ガルーン 施設予約サーバー 1.0」とそれ以前、「サイボウズ ドットセールス 1.0」とそれ以前。

 該当するバージョンでは、任意のスクリプトが埋めこめてしまうXSSの問題HTTPヘッダインジェクションの問題、またサイボウズOfficeにはサービス拒否(DoS)攻撃を受ける問題が存在する。これらの問題によって、ユーザのウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行されたり、キャッシュサーバのキャッシュの上書き、任意のCookieの発行、サーバの運用妨害などの可能性がある。

 サイボウズでは、これらの問題を解消した新版を公開しており、IPAおよびサイボウズでは最新版にアップデートするよう呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR