BEA、AquaLogic Service Bus 3.0発表

後藤大地(オングス) 2007年12月12日 21時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsは12日(中国時間)、「BEA AquaLogic Service Bus 3.0」を発表した。AquaLogic Service BusはSOA実現のための基本機能であるESBを提供するもの。

 3.0ではマルチSOAドメインを実現したサービスネットワーク、機能拡張された組み込み管理機能とQoS、パッケージアプリケーションやエンタープライズリソースプラニングに対する最適化されたネイティブトランスポート機能、ビジネスプロセス管理やSOAに対する統合環境の提供、BEA SOAガバナンスソリューションとのシームレスな統合が実現されている。プロダクトは2008年第1四半期の出荷が予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから