「Office 2007」と「SharePoint 2007」のサービスパック、ダウンロード提供が開始される

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2007年12月12日 21時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間12月11日、Microsoftは「Office 2007」と「SharePoint Server 2007」の初めてのサービスパック(SP)を公開した。当初の予定より歴四半期早まった

 合わせて「2007 Microsoft Office System Service pack 1」と呼ばれるこの新たなサービスパックは、Microsoftが過去1年間で個別に提供してきたOffice 2007とSharePoint 2007の様々な修正や更新を包含したものである。Office System SP1はすぐにここからダウンロードできる。サービスパックに何が含まれているかを示すリストはこのホワイトペーパーのなかにある。

 Sharepoint 2007 SP1アップデートはまた、2008年第1四半期に公開予定の「Windows Server 2008」上で「SharePoint Server 2007」を動作させる予定のユーザーにも必要とされる。 SP1なしでは、SharePoint Server 2007はWindows Server 2008との互換性を持たない。

 Microsoftは「Windows Update」または「Automatic Update」経由でこの新たなOfficeとSharePointのパックを提供する予定ではない。このことは、12月11日に、Microsoftの月例イベント「Patch Tuesday」の一環としてリリースされる定期的なパッチの山の対応に追われる管理者を安堵させるはずだ。

 そのかわりにMicrosoftはまず、 このOfficeとSharePointのサービスパックを「Microsoft Update(MU)」と同社の「Download Center」サイトに置く。今から3〜6カ月後に、MicrosoftはOffice 2007 SP1とSharePoint Server 2007 SP1ビルドを「Automatic Update」経由で提供する 計画である。しかし事前にユーザーに対しては30日前から通知する予定であると関係者は述べている。OfficeサービスパックにはWindowsと同種のブロッカーツールはなく、現在のところ、そのようなものをリリースする計画はないと関係者は付け加えた。

 いずれの新サービスパックについても、Microsoftが対応している重大な致命的バグは存在しないようだ。

 「デスクトップ上では、最も目立つフィックスはExcelにある」と調査会社Directions on Microsoftの研究ディレクターを務めるRob Helm氏は述べている。「『Office Excel 2007ではもはや、65,534から65,536との結果が導かれるべき計算を入力する際に、 100,001となる表示エラーがなくなった。』これは厄介な問題であり、Excelをビジネスに不可欠なモデルに利用する全金融企業からの信頼を実に損ねるものであった。」(Helm氏)

 Microsoftの関係者は、本サービスパックはまた、Office 2007スイートを構成する各アプリケーションで最も頻繁に衝突するソフトウェアバグを「少なくとも」5つ修正したと述べている。本SPはまた、「Excel 2007」「Outlook 2007」(Microsoft関係者が「顧客の痛点が多数」存在したと認める)、「PowerPoint 2007」そしてSharePoint Server 2007のパフォーマンスを向上させ、セキュリティ面では「漸進的な進歩」を提供している。

 Directions on MicrosoftのHelms氏はこのように述べた。「望んでいるのはパフォーマンスのフィックスであり、特に「Windows Vista」のそれだ。これはユーザーにとって本当に障害となっているが、 どこに原因があるのかが判りづらい。Officeなのか、OS(オペレーティングシステム)なのか。」

 Office 2007とSharePoint Server 2007について、SP1では他に何が修正されることを望むか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?