カーネルクラッシュ時にプロセッサのレジスタ情報を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年12月14日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

esi: esi edi: edi ebp: ebp esp: esp

対処

カーネルのメモリダンプを採取し、解析する。カーネルのメモリダンプを採取するためには、予めdiskdumpパッケージまたはnetdumpパッケージの導入および設定を行う必要がある。

説明

カーネルクラッシュ時に表示され、プロセッサのレジスタ情報を示す。

通常は次のような一連情報の1つとして出力される。これはカーネルがクラッシュ時のOopsメッセージの例である。OopsメッセージからEIP (Extended Instruction Pointer)の指すアドレスc01484f8より前のコードでクラッシュを引き起こした命令が特定できる。


Unable to handle kernel NULL pointer dereference at virtual
 address 00000000
printing eip:
c01484f8
*pde = 35f48001
Oops: 0000 [#1]
SMP
Modules linked in: nls_utf8 md5 ipv6 i2c_dev i2c_core ide_dump 
scsi_dump diskdump zlib_deflate ext3 jbd dm_mirror dm_mod button
 battery ac uhci_hcd ehci_hcd hw_random shpchp e1000 sg xfs 
megaraid_mbox megaraid_mm sd_mod scsi_mod
CPU: 5
EIP: 0060:[<c01484f8>] Not tainted VLI
EFLAGS: 00010086 (2.6.9-34ELsmp)
EIP is at kmem_cache_alloc+0x32/0x57
eax: 00000246 ebx: 00000220 ecx: f7d45b80 edx: 00000000
esi: 00000246 edi: f7d45b80 ebp: 00000220 esp: f6a21014
ds: 007b es: 007b ss: 0068
Process OE' (pid: 4194367, threadinfo=f6a20000 task=f6831000)
Stack: c9951f40 00000000 f6a2103c c0143966 00000220 00000000
 f6d962b0 c0120a59
f6a21054 f6a21054 00000000 00000000 00000000 00000000 f6d962b0
 c0120a59
f6a21054 f6a21054 00000000 0ab21904 c022b6fc f7ad57c8 00000000
 00000000
Call Trace:
  [<c0143966>] mempool_alloc+0x7b/0x135
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?