Rails 2.0を読んでみる--まずは初期化から(ZDNet Japanブログより)

吉見和也(RAWHIDE.) 2007年12月17日 14時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Rails2.0も出たわけですし、早速ソース読みです。ちなみに2.0が出る前は全く追ってなかったので、どんな機能が追加されてるかまったく知りません。

 やっぱり目につくのはActionModelなんですが、最初に見たいのはRails::Initializer。railsの起動時にconfigの下のenvironment.rbの中で、Rails::Initializer.runが実行されて、アプリケーションを初期化します。どう初期化されてるのかを知れば、環境のカスタマイズも自由自在。自分に適した環境に書き換えて、より快適なrailsライフを送れます。

全文はこちら--「あとで読むRailsのススメ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!