IIJがMVNO参入、ドコモと提携し法人データ通信市場の開拓を狙う

松田真理(マイカ) 2007年12月17日 19時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とNTTドコモは12月17日、IIJがドコモからFOMAサービスの提供を受け、MVNO(仮想移動体通信事業者)としてサービスを開始することを発表した。NTTドコモのHSDPA網とFOMAデータ通信専用端末を活用する最初のMVNO事業者になる。

 IIJは2008年1月をめどに、法人向けに下り最大3.6Mbpsの高速モバイルデータ通信に対応したインターネット接続サービスを提供開始する。今後はモバイルデータ通信を活用する法人に対して、モバイルデータ通信端末からネットワーク、データセンターでの業務システムの保守運用まで、一元的なITアウトソーシングサービスを提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!