情報漏えい問題の根っこにあるのは“共通の価値観”という幻想(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2007年12月18日 16時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 海上自衛隊が気軽に国家機密を漏らした事件。イージス システムの技術がどのぐらいすごいものなのか知らないのでそのあたりに突っ込む気はありませんが、情報漏えい事件としては実にありがちな話。

 逮捕された三等海佐は一次情報を入手する権限のある人で、「よかれと思って」 学校の教官に渡したそうです。その情報を別の教官がコピー、ご丁寧に学生やその後乗艦した先の部下などにコピーさせたとか。それが巡り巡って問題の不法入国の中国人女性の夫である自衛隊員の手に渡ったと。

 相も変わらず情報漏えいがなくならないのは、「性善説」 と 「価値観の相違」 が原因なのかとおもいます。そしてそれは、これからの大競争時代を生き抜くためには致命的な問題です。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!