ジャーナルスーパーブロックを読み込んだが機能ビットマップが不正というメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年12月20日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JBD: Unrecognised features on journal

対処

このメッセージの前後のメッセージなどからエラーに至った理由を調査する。ハードウェアのエラーの痕跡がなかった場合、ファイルに書き込み中に突然、電源遮断などがあったのか確認する。ジャーナル領域の情報が不正となっているので、fsckで回復を試みる。fsckで回復できない場合はバックアップファイルから再作成する。特別な事象がないのに、何度も発生する場合は、カーネルの修正がないかなどをサポート契約を結んでいるベンダーに問い合わせてみる。

説明

ジャーナル領域の管理情報を持つジャーナルスーパーブロックを読み込んだ。ジャーナル領域の管理フォーマットのバージョンが2以上だったため、機能ビットマップのチェックを行ったところ不正な値であった。

ジャーナルスーパーブロック
  ジャーナルファイルシステムのジャーナル領域の管理情報を保持しているブロック

機能ビットマップ
  管理情報にあり、ジャーナル機能を持つフィールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR