北京オリンピックのメダルをハッキングから防衛せよ!(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet) 2007年12月20日 13時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くのセキュリティ業界関係者は、ここ数年の間、2008年のオリンピックと何らかの接点を持っています。北京で行われるこのオリンピックの安全な運営に責任を負っているIT関係者に私が初めて会ったのは、2002年のことでした。

 その当時懸念されていたのは、ハッカーが何らかの方法で、リアルタイムな競技の点数報告に妨害をかけ、結果を改竄してしまうことから守るということでした。しかし現在では、スポーツチームのITシステムに事前に侵入し、トレーニング状況、能力、その他、たとえばセーリングのチームにとっての“天気”など、物理的な要素に関しての情報を得ることを目的とするようなハッキングが現実に起こっています。

全文はこちら-「脅威のカオスに立ち向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR