シスコシステムズの次期CEO候補が退職

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年12月21日 19時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ciscoの次期最高経営責任者(CEO)と目されていた人物が退社する。同社が米国時間12月20日、発表した。

 Cisco Systemsの最高開発責任者兼上級副社長Charles Giancarlo氏(50歳)は14年間勤めた同社を12月31日付けで退き、2008年1月2日から技術分野で大規模な投資を行っている投資会社Silver Lakeにマネージングディレクター兼パートナーとして勤務する。

 Ciscoの最高経営責任者(CEO)John Chambers氏は、6カ月間にわたり慰留に努めたと述べ、Giancarlo氏は退社後もCiscoファミリーの一員だと語った。

 「Charlieは私が失った数少ないリーダーのうちの1人になってしまう。時期がよかったとも思えない。経験やスキルセットに照らし合わせて考えると、新しいことに取り組むべきタイミングというものはある。しかし、彼の場合はそうではなかった。彼がいてくれたらと思うことがあるだろう」とChambers氏は述べる。

 しかし、Giancarlo氏当人にとっては潮時だった。John Chambers氏からCEOの座を引き継ぐ最有力候補と見られてきた同氏だが、2007年に入り、Chambers氏は今後5年間CEOの座を去るつもりがないことを示唆した。そして2007年、50歳を迎えた同氏は年齢を考慮し、Ciscoを去って新しいことを始める潮時だと考えたのだ。

 「ある日、家に戻り、自分の年齢を悟ったと妻に話した」(Giancarlo氏)

 決心しがたく、6カ月ほども考えあぐねていたとGiancarlo氏はいう。

 「もっと早く決断すべきだったとは思う。だが、Ciscoは去りがたいファミリーなのだ」(Giancarlo氏)

 またGiancarlo氏は「私にとってCiscoでの仕事はいつも楽しいものだった。至福の時でなかった年は1年たりともない」とも述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!