Leopardはノートン先生が守る--シマンテック、Leopard対応アンチウイルス発売

吉澤亨史 2007年12月21日 20時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは12月21日、「ノートン・アンチウイルス」のMac OS X 10.5 Leopard対応版を発表した。ダウンロード版は同日からシマンテックストアで、パッケージ版は2008年1月25日から全国の店頭にて販売を開始する。価格は標準パッケージで1万290円、ダウンロード版が6195円となっている。

 ノートン・アンチウイルス 11.0 for Macは、現在のオンライン攻撃の多くを占めるインターネット接続型アプリケーションを保護するもので、ウェブサイトの脆弱性を保護するテクノロジーを採用している。ユーザーインターフェースがよりスマートなデザインに一新され、パフォーマンスも向上しているという。

 新たにウェブアプリケーションレイヤでのシグネチャによる保護機能を搭載したほか、WindowsとMacが混在するマルチOS環境の増加に対応、WindowsとMac両方の脆弱性、ウイルス、マクロウイルスをスキャンする総合スキャン機能も搭載した。

 また、各機能にはMac OSのターミナル(Terminal.app)からもアクセスできるため、パワーユーザーはアプリケーションを完全に迂回して、自作のスクリプトにウイルス対策スキャンなどの機能を追加できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!