アップル、インテル「Silverthorne」を2008年に採用か--AppleInsider報道

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年12月25日 15時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleは、バッテリ寿命に対する懸念が原因で高速版iPhoneのリリースを延期したにも関わらず、IntelのSilverthorneチップの採用でまた一歩後退するつもりなのだろうか。

 Apple関連の情報サイトAppleInsiderが米国時間12月21日に伝えたところによると、Appleは、Intelが間もなく発売する低消費電力チップ「Silverthorne」を「現在、同社の2008年版製品ロードマップに記載されている製品、それも1つではなく複数の製品に」使用することを決定したという。Silverthorneは、Intelがハンドヘルド、携帯電話市場を支配すべく、Mobile Internet Deviceと呼ばれる製品コンセプトの一環として発売する最新の製品だ。

 また同レポートによると、Silverthorneが搭載される可能性が最も高いのは、3G対応iPhoneとAppleInsiderが先に報じたNewtonに似たタブレット型コンピュータだという。しかし、Silverthorneに関するこれまでの情報を踏まえると、サブタブレットPCに搭載されるという噂にはうなずけるが、iPhoneに搭載される可能性は低いと思われる。

 Intelは、2月に開催されるInternational Solid State Circuits ConferenceでSilverthorneに関する詳細情報を発表する予定だ。しかし、事前のプログラムやIntelが過去1年間に行ったSilverthorneに関する発表の内容からすでに分かっていることは、Silverthorneの消費電力が、2004年にリリースされた同チップよりもはるかに小型のPentium Mと同程度になりそうだという点だ。現在Intelが販売しているノートPC用Core 2 Duoプロセッサの消費電力は35ワットであるのに対し、Pentium Mの消費電力はわずか1〜2ワット程度だ。

 しかし、それだけ電力消費を抑えても電話用としてはまだ不十分だ。いくつかのiPhoneの分解結果によると、AppleはSamsung S3C6400か、iPhone用に特別に開発したS3C6400と同等の製品を使用している可能性が高い。S3C6400は、ARM1176コアを基礎とし、動作速度620MHzの消費電力はわずか279ミリワットだ。しかし、それは全力で使用している場合の消費電力で、通常の消費電力はそれよりもはるかに低い。一方、Silverthorneの最低消費電力は500ミリワットだ。恐らく、この消費電力で済むのは同チップがアイドルモードで何もしていない場合に限られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR