あなたの会社こんな人いませんか?:がんばりやさんのマネジメント(その1)

文:Laurie Sullivan
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年12月27日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あなたの会社のトップパフォーマーは、注意深く管理してやれば優れた能力を発揮できる。以下にこうした「特別な」従業員を輝かせるための方法を述べる。

 あなたは次のようなタイプの人間を知っているだろう。夜中まで会社に残って来月のセールスプレゼンテーションを作り上げてしまうアカウントエグゼクティブ。他の人が8時間かかる仕事を5時間で終わらせてしまうプロダクトマネージャー。休日に新しいアプリケーションのコードを書き上げてしまうプログラマー。彼らはオーバーアチーバーと呼ばれるが、このような従業員なくしてビジネス運営は成り立たない。

 しかし、オーバーアチーバーは驚異的に優秀な従業員である場合も多いが、一方、それを管理する上司は課題を突きつけられる。オーバーアチーバーの管理方法に関するこの短期集中コースでは、読者に花形従業員を管理、育成するための実践的な助言を提供する。また、Xerox、IBM、Lycosのマネージャーにトップパフォーマーが軌道から外れないように管理するためのヒントについて尋ねた。そして最後に、オーバーアチーバーが成功を求めるあまり度を超している危険を知らせる5つの警告サインについて検証した。

オーバーアチーバーをいかに管理するか

 オーバーアチーバーは大きなプロジェクトを前進させるために必要な意欲、決意、情熱、そしてエネルギーを持っている。しかし、彼らは他の従業員とは違う。オーバーアチーバーの持っている能力を最大限に活用したいなら、他の従業員とは異なる方法で導いてやる必要がある。また、彼らがその成功を台無しにしてしまうことがある特異な行動にも注意する必要がある。オーバーアチーバーは時に非現実的な期待を掲げ、とんでもない時間に働き、あらゆる犠牲を払ってでも成功のためのリスクを取ろうとする。見識のある人間がしっかり監督してやらないと、多くのオーバーアチーバーは全体を見る視点を失い、とりつかれたようになり、機能不全を起こし、ついには仕事が遂行不能になる。

 オーバーアチーバーをうまく管理するには、彼らの性格のタイプを理解し、信頼に基づいた人間関係を構築してゆくことが求められる。そうすれば彼らはあなたがいつも彼らのためを思ってくれることを知るだろう。以下に、花形社員の生産性を崩壊させかねない破壊的な傾向を阻止し、彼らと、そしてあなた自身をハッピーにするための管理スキルを身につける方法をお教えしよう。

オーバーアチーバーを特定する

目的:チームの中にオーバーアチーバーがいないか、また求職時の面接で入社希望者がオーバーアチーバーでないかを見極める

 オーバーアチーバーの管理で最も重要なのは早期に(できれば求職の面接時に)彼らがオーバーアチーバーであることを認識することだ。オーバーアチーバーの仕事ぶりや経歴から(または輝かしい推薦状の文面から)、彼らが率先して物事を成し遂げようとする人物であることがはっきりとわかるはずだ。あまりに個人的すぎる質問はするべきではないが、「大学時代は勉強以外にどんなことをしていましたか」というような質問はぜひ投げかけてみてほしい。その求職者から「学生時代は自分の窓ふき会社を経営し、フラタニティ(学生の社交団体)の代表もしていました」という答えが返ってきたら、その人物はおそらくオーバーアチーバーだ。

 チーム内にすでにオーバーアチーバーがいると思える場合は、次のような明確な兆候を探してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR