iPhoneタッチスクリーン故障顛末記(ZDNet Japanブログより)

Jason D. O'Grady(PowerPage.org) 2007年12月26日 12時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月21日朝のことだった。いつもの通り、起床後にドックから「iPhone」を取り外し、玄関へと急いだ。その日最初の電話がかかってきたので、「Slide to Answer」スライダーを動かして返事をしようと思ったが、これが動かない。はて、どうしたのだろうか。そのあと、今度は電子メールを読もうとしたのだが、これまた動かない。タッチスクリーンが入力を受け付けないのだ。

 デバイス上部の電源ボタンを押して、iPhoneをシャットダウンするためには、スクリーンの上側にある例のスライダーを動かす必要がある。再び、失敗。電源ボタンとホームボタンを同時に押して、デバイスを再起動することもできなかった。

 ここ最近、iPhoneにダメージを与えたり、落としたりしたことはない。水没させるどころか、水滴を跳ねかけてすらいない。いつだってケースに収め、赤ん坊のように大事にしている。ずいぶん前に落としたことはあるが、携帯電話を一度も落としたことがないなどと言い切れる人間が、果たしてこの世にいるのだろうか? それはともかく、わたしのiPhoneのアルミ製外装の角には、いくつかの小さな「特徴」(すなわちキズ)が、あることにはある。

 さあ、どうすればよいのだろう。

全文はこちら--「アップルコア」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから