NTTドコモ、Ericssonの技術を搭載したGPS対応セキュリティ装置を販売

CNET Japan Staff 2007年12月27日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ericssonは12月27日、NTTドコモが2007年12月7日より販売を開始した位置情報検索機能付き最新端末装置「CTG-001G」に、Ericssonが開発した技術が組み込まれていることを発表した。

 CTG-001Gは、GPS機能を搭載した位置情報専用端末。利用者に危険が迫った場合や緊急事態が起きた場合に、スライドスイッチを引くことで防犯ブザーが鳴り、連動して自分の居場所を家族や関係当局に通知したり、利用者の位置検索を行うことができる。

 この端末は、Ericssonが開発したU310携帯電話プラットフォームに基づいて開発されている。同プラットフォームを採用することで、上着やかばんに装着できる小型化を実現。容易な操作でモデムとGPSの機能を利用することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!