エンタープライズ2.0による組織変革が進む--「軍隊2.0」に学ぶ

吉田健一(リアルコム) 2008年01月01日 08時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2007年は「エンタープライズ2.0元年」であった。

 振り返れば、Googleは企業向け有償ホスティングサービスGoogle Appsを開始、圧倒的な低価格で業界に衝撃を与えた。迎え撃つIBMやMicrosoftはウェブ2.0の考えを取り入れたエンタープライズ2.0製品を次々と投入し、市場は混戦模様となった。

 昨年のこの記事では2007年展望として「Enterprise 2.0元年に向けた「3つの予想」」を書いたのだが、まずは2007年の動きを振り返る意味もこめて「3つの予想」がどうだったのかを採点してみよう。

3つの予想は当たったか

予想1:GDrive vs SharePointでファイルサーバ市場が激戦

 ひとつ目の予想は、「Googleが無料オンラインストレージサービスであるGDriveを法人向けに投入し、SharePointと激戦になるのでは?」というものだ。

 残念ながら、GDriveという名前で商品化されなかったが、Google Appsの一機能として、Word、Excel、PowerPointといったオフィス系アプリケーションのファイル共有をする仕組みがGoogle Docsとして企業向けに提供された。しかし、Google Appsはまだエンタープライズの本丸に攻め込んきているとは言えないため、評価は「△」としたい。

予想2:Mixi Enterpriseで企業内ブログ、SNSが盛況に

 2つ目の予想は、「ミクシィが企業向けにSNSのホスティングサービスであるMixi Enterpriseを開始することで企業内ブログ、SNSが盛況になるのでは?」というものであったが、これは「×」。

 確かに、企業内ブログ、SNSは盛況になったが、そのムーブメントをリードしたのは「Mixi Enterprise」のようなWeb2.0系の企業ではなかった。MicrosoftやIBMなどのエンタープライズ企業が自社の基幹製品にWeb2.0の考え方を取り入れたことが、企業内ブログ、SNSを盛り上げる起爆剤となったのである。

予想3:エンタープライズマッシュアップが本格化する

 3つ目の予想は、「エンタープライズマッシュアップが本格化するだろう」というもので、これは「○」と採点してよいだろう。

 Oracle、BEA、IBM、Microsoftが次々とエンタープライズマッシュアップ製品群をリリースした。社内外のコンテンツをマッシュアップして表示するポータルサイト「マッシュアップポータル」というキーワードも広がりつつある。しかし、こうしたトレンドをリードしたのもまた、エンタープライズ企業であった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!