日本IBM、インテル製最新クアッドコアプロセッサ搭載サーバ6機種62モデルを発表

CNET Japan Staff 2008年01月09日 17時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は1月9日、同社のx86サーバ「IBM System x」およびブレードサーバ「IBM BladeCenter」において、Intelの最新クアッドコアXeonプロセッサを搭載した6機種62モデルを新たに追加することを発表した。2008年1月21日より順次出荷が開始される。

 今回、発表されたのは、タワー型x86サーバ「IBM System x3400」および「IBM System x3500」、ラック型x86サーバ「IBM System x3550」および「IBM System x3650」、ブレードサーバ「IBM BladeCenter HS21 XM」および「IBM BladeCenter HS21」の6機種。

 開発名「Harpertown」と呼ばれていたIntelの最新クアッドコアモデルである5400番台プロセッサをIBMサーバで初めて採用した。最大2ソケット8コアのプロセッサを搭載可能。従来と同等のパフォーマンスをより少ないハードウェア資源で実現できる。

 これらの製品は、IBMが推進するデータセンターのエネルギー効率化プロジェクト「Project Big Green」の主要コンポーネントのひとつである、システムの消費電力および熱に対するソリューションポートフォリオ「Cool Blue」を活用している。

 価格は、IBM System x3400(8モデルを追加)が38万8500円より、IBM System x3500(12モデルを追加)が45万6750円より、IBM System x3550(12モデルを追加)が34万6500円より、IBM System x3650(12モデルを追加)が37万8000円より、IBM BladeCenter HS21 XM(8モデルを追加)が36万7500円より、IBM BladeCenter HS21(10モデルを追加)が27万5100円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!