アルバネットワークス、マルチベンダーネットワーク管理のAirWave Wirelessを買収へ

文:David Meyer(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年01月10日 14時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無線ネットワーク機器のAruba Networksは米国時間1月9日、マルチベンダーネットワーク管理のAirWave Wirelessを買収すると発表した。

 AirWave(本社:カリフォルニア州サンマテオ)は複数のメーカー製の機器を使用するための無線ネットワーク管理ソフトウェアを販売している。これらの技術提携企業には、過去1年半でAruba自身のほかに、Colubris Networks、Avaya、AirMagnet、Juniper Networks、IBMのTivoli、Hewlett-Packard OpenViewといったライバル企業も加わっている。

 Arubaは総額3700万ドルの株式と現金でAirWaveを買収することに合意したと発表した。買収後、AirWaveはArubaの事業部門になる。Arubaで欧州、中東およびアフリカ地域のマーケティングのトップを務めるRoger Hockaday氏によると、AirWaveは引き続きマルチベンダー管理に焦点を当てていくという。

 「企業を買収してそれを解体し、ただ利益を得るだけというのはわれわれの本意ではない。当社が実行しようとしているのは新しい市場に参入することだ」とHockaday氏は9日に述べている。「AirWaveは引き続きマルチベンダー管理に100%注力していく。今後はArubaの資源を利用することができるだろうし、管理対象となるベンダーや製品の数を拡大してもらいたいと思っている。そして、今後もネットワーク管理におけるスイス(中立国)でありつづけてもらいたい」(Hockaday氏)

 Hockaday氏は「Arubaの一部の顧客でさえAirWaveを使用してArubaのキットを管理している」ことを認めており、同氏によるとネットワーク管理は無線ベンダーにとってこれまで「アキレスのかかと」(弱点)になりがちだったという。

 メーカーは無線機器の設計やコントローラのアーキテクチャに労力を注ぐ傾向があるとHockaday氏は言う。「そのような領域に注力してきた結果、ユーザーインターフェース、レポーティング機能、診断機能は有線ネットワークのような成熟したプラットフォームと比べて洗練されていない可能性がある。それを補うのがAirWaveの使命なのだ」(Hockaday氏)

 Gartnerのようなアナリストは企業に対して、多種多様なネットワーク要件を1社のメーカーでまかなうよりも、購入時点で自社のニーズに合った最善の製品を選択するようにアドバイスするケースが多いとHockaday氏は示唆する。「しかし、それらの機器をすべて管理できる管理プラットフォームが必要だ」とHockaday氏は言い添える。

 Aruba(本社:カリフォルニア州サニーベール)は「(AirWaveの)スタッフ全員」を引き継ぐ意向であるとHockaday氏は述べている。「役職が1つや2つ重複するかもしれないが、われわれは彼らの経験を必要としている。今後も引き続き各自の分野でエキスパートであり続けてもらいたい」(Hockaday氏)

 Hockaday氏はさらに、取引は3月には成立する見込みだとも述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!