SAPジャパンとエン・ジャパンが協業--中堅パートナー向け人材採用/教育支援を実施

CNET Japan Staff 2008年01月10日 20時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは1月10日、ネット求人広告会社のエン・ジャパンの企画協力により、SAPの中堅パートナー企業におけるSAP技術者の増強を支援するプログラムを開始することを発表した。

 具体的には、エン・ジャパンの主催で、中堅パートナー合同の定期的なキャリアセミナーを開催するほか、同プログラムで採用された技術者には、採用後に合同の導入教育や継続的なキャリアサポートを提供。中堅パートナーにおける人材採用、教育、スキルアップを支援する。

 同プログラムは、SAPビジネスの未経験者をSAP技術者に育成し、技術者の裾野を拡大することが最大の目的。両社は協業による人材増強支援活動により、2008年度で約200名の技術者の採用を目指している。

 現在、SAPが公認している技術者「SAP認定コンサルタント」は、現在1万人を超えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!