ブレインパッド、データ分析サービス用データベースに「Sybase IQ」を採用

CNET Japan Staff 2008年01月15日 20時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイベースは1月15日、ブレインパッドが同社が運営するデータマイニングのアウトソーシングサービス用データベースとしてサイベースの情報系分析用クエリエンジン「Sybase IQ」を採用したことを発表した。

 ブレインパッドはまた、これまでの導入経験を生かし、Sybase IQを活用したデータウェアハウス/ビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションの提供を開始した。

 ブレインパッドは、一般的なウェブサイトのアクセスログ解析から、販売/顧客データ分析まで幅広いニーズに応えるデータマイニングのアウトソーシング事業を展開。さらなるサービス品質の向上を目的にSybase IQの採用を決定した。

 Sybase IQが採用されたのは、ブレインパッドが使用/販売しているKXENの分析ツール「KXEN」との相性が良かったため。両製品の組み合わせにより、カラム単位のデータアクセスが可能。より高速なデータ分析を実現できる。

 また、幅広いプラットフォームやソースデータベース、分析ツールに標準的に対応できるデータウェアハウスエンジンであることも採用の決め手となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!