SQL Server 2008を導入すべき5つの理由とは

藤本京子(編集部) 2008年01月15日 21時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは1月15日、「Microsoft SQL Server 2008」に関するプレスセミナーを開催し、SQL Server 2008を導入すべき5つの理由を説明した。

 まず1つ目の理由は、SQL Server 2008が金融機関などの超ミッションクリティカルシステムで採用されているSQL Server 2005をベースとしていることだ。つまり、「蓄積されたこれまでのアプリケーションやソリューションをそのまま活用しつつ、より優れた機能が利用できる」と、同社 サーバプラットフォームビジネス本部 アプリケーションプラットフォーム製品部 部長の野田良平氏は話す。

 2つ目の理由は、透過的データ暗号化やポリシーベース管理、データ操作監査などの機能により、コンプライアンスに対応できること。透過的データ暗号化機能では、既存のアプリケーションコードを変更せずに暗号化できる。また、暗号化してもアプリケーションからはデータが透過的なため、データ検索には影響がない。

 ポリシーベース管理機能では、データベースが定義された管理ポリシーに従っていることを保証する。データ操作監査機能は、次期CTP(Community Technology Preview)で実装予定で、企業全体の監査レポートが一元管理できるようになる。

 3つ目は、サーバ統合のシナリオに対応していることだ。これは、単一のサーバで複数のインスタンスを管理できるマルチインスタンス機能や、ワークロードを分類し、リソースの利用率を制限するリソースガバナー機能、複数のインスタンスやサービスなどを一元的に管理する統合管理ツール「SQL Server Management Studio」などで実現する。管理できるインスタンス数は、Enterprise Editionでは50にも達する。

 4つ目は、データパーティションやデータ圧縮などの機能で、大規模データウェアハウスが実現できること。データパーティション機能では、テーブルを複数のパーティションに分割し、パーティション単位でのメンテナンスが可能となる。また、データ圧縮機能やバックアップ機能も強化される。

 導入に向けた5つ目の理由は、レポーティング機能の強化や、同社の地図情報サービス「Virtual Earth」との統合により、全社員向けのBI基盤が提供できることだ。レポーティング機能ではグラフの種類がより豊富になり、緯度経度といった空間データを格納できるようになったことでVirtual Earthとの統合を実現する。

 野田氏によると、SQL Server 2008は今後もCTPが随時リリースされる予定。夏をめどに開発工程を終了させ、2008年中にはRTM(Release to Manufacturing)となる予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!