ACPIのPCI割り込みルーティングテーブルのエントリを解釈した内容を表すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年01月16日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACPI: PCI Interrupt Link LNKx (IRQs IRQnumbers) *0, disabled.

対処

デバッグ情報のため、対処の必要はなし。

説明

ブート時、ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)のPCI(Peripheral Component Interconnect)割り込みルーティングテーブルの1エントリを解釈した内容を表すデバッグ出力。出力がdisabledで終わる場合,単にこのルーティングテーブルにつながる実デバイスがない(よってこのルーティングテーブルは不要)という意味で,エラーではない。

  • IRQsに続く数字IRQnumbersはこのルーティングテーブルが割当て可能なIRQ番号の一覧を示す。
  • ルーティングテーブルにつながる実デバイスが要求する割り込みにIRQを割り当てた場合,IRQ番号の前に * が表示される。
  • ルーティングテーブルにつながる実デバイスが無くIRQを割り当てなかった場合,*0, disabled. と表示される。ハードウェア構成によりこのようなことがあり得るためエラーではない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?