シリコンバレーの現場から--やっぱり火星人はいた!?(ZDNet Japanブログより)

徳田浩司(Fusion Reactor) 2008年01月16日 18時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「シリコンバレーの現場から」と言いながら、そもそもどんな場所かご存じない方もいらっしゃると思われるので、今回、ご紹介したいと思う。

 私が暫定CFOを勤めるSkipper Wirelessのオフィスは、MountainView市とPaloAlto市の境にある。サンフランシスコからサンノゼまで走っている主要幹線道路である Highway101沿いにあり、サンフランシスコ国際空港から20マイル(約35Km)南東に下ったところである。巨大なキャンパスが広がる Google本社と、そのデータセンター子会社及びワイヤレス基地局などに隣接している。東にはNASAの研究施設でモフェットフィールド(空港や巨大な格納庫もあり、火星探検などを研究している)と呼ばれるNASA Ames Research Centerがある。西には、シリコンバレーにおける研究の象徴で、かつGoogleをはじめとする数々のベンチャーを生んできたStanford大学のキャンパスがある。その両方のちょうど中間にオフィスはあり、まさにシリコンバレーの中心部だ。

全文はこちら--「シリコンバレーの現場から」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?