藤沢市がミラポイントの「Mirapoint RazorGate」でスパム排除に成功

CNET Japan Staff 2008年01月16日 19時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラポイントジャパンは1月16日、セキュリティアプライアンス「Mirapoint RazorGate」が藤沢市役所に採用されたと発表した。システムの設計や導入、サポートは、ネットワンシステムズが担当した。

 藤沢市役所は、2006年にこれまで職員ポータルシステムとして利用していたグループウェアの刷新にあたり、職員個人にメールアドレスを付与することになった。しかし、メールアドレスの付与と共にスパムの増加が局面化し、2007年2月より対策を本格的に計画した。

 同市は、導入や運用管理が容易であることから、当初からアプライアンス型ゲートウェイシステムに注目、スパム対策機能、スパム検知率および誤検知率、また5年間の総所有コストを評価した上でMirapoint RazorGateを選定した。

 新システムは、高可用性を確保するために、2台のMirapoint RazorGateによるコールドスタンバイ構成とし、「Mirapoint RAPID Anti-Spam」を中核とするマルチレイヤプロテクションによりスパムメールを排除、導入後はメール全体の70~80%を占めるスパムを排除することができた。

 さらに、スパムの更なる対策として、Mirapoint RazorGateの機能の1つである「MailHurdle」を立ち上げ、SMTPレイヤ上でのスパム排除を行うと共に、Mirapoint RAPID Anti-Spamの負荷軽減と効率向上を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!