フォトレポート:統合デスクトップ環境の新版「KDE 4.0」

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:藤原聡美、長谷睦 2008年01月21日 14時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「KDE」は、Linuxにとって主要なデスクトップユーザーインターフェースの1つだが、他のオペレーティングシステム(OS)上でも使える。主な競合製品の「GNOME」と同様、KDEには、ボタンやドロップダウンメニューのような基本的なものから、ファイルブラウザ、ゲーム、さらにコマンドラインインターフェースを必要とするユーザー向けのコンソールといった高度なものまで、さまざまなソフトウェアコンポーネントがそろっている。KDEは、画面上でのウィンドウ管理やユーザーによるプログラムの起動、切り替えといった基本的なユーザーインターフェース関連のタスクについて、その多くの処理を担う。このスクリーンショットは、米国時間1月11日にリリースされた最新版「KDE 4.0」の新機能を紹介するものだ。左下のウィンドウがお気に入りのアプリケーションに即座にアクセス可能な「Kickoff」メニュー、左上が新しいファイルマネージャの「Dolphin」、右側が新しい「System Settings」インターフェースだ。
 「KDE」は、Linuxにとって主要なデスクトップユーザーインターフェースの1つだが、他のオペレーティングシステム(OS)上でも使える。主な競合製品の「GNOME」と同様、KDEには、ボタンやドロップダウンメニューのような基本的なものから、ファイルブラウザ、ゲーム、さらにコマンドラインインターフェースを必要とするユーザー向けのコンソールといった高度なものまで、さまざまなソフトウェアコンポーネントがそろっている。KDEは、画面上でのウィンドウ管理やユーザーによるプログラムの起動、切り替えといった基本的なユーザーインターフェース関連のタスクについて、その多くの処理を担う。このスクリーンショットは、米国時間1月11日にリリースされた最新版「KDE 4.0」の新機能を紹介するものだ。左下のウィンドウがお気に入りのアプリケーションに即座にアクセス可能な「Kickoff」メニュー、左上が新しいファイルマネージャの「Dolphin」、右側が新しい「System Settings」インターフェースだ。

 「KDE」は、Linuxにとって主要なデスクトップユーザーインターフェースの1つだが、他のオペレーティングシステム(OS)上でも使える。主な競合製品の「GNOME」と同様、KDEには、ボタンやドロップダウンメニューのような基本的なものから、ファイルブラウザ、ゲーム、さらにコマンドラインインターフェースを必要とするユーザー向けのコンソールといった高度なものまで、さまざまなソフトウェアコンポーネントがそろっている。KDEは、画面上でのウィンドウ管理やユーザーによるプログラムの起動、切り替えといった基本的なユーザーインターフェース関連のタスクについて、その多くの処理を担う。このスクリーンショットは、米国時間1月11日にリリースされた最新版「KDE 4.0」の新機能を紹介するものだ。左下のウィンドウがお気に入りのアプリケーションに即座にアクセス可能な「Kickoff」メニュー、左上が新しいファイルマネージャの「Dolphin」、右側が新しい「System Settings」インターフェースだ。

提供:KDE

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!