NRIセキュアと日立ソフト、「Secure Cube」と「秘文」の補完提供でセキュリティを強化

奥山順子 2008年01月17日 19時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)と日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は1月28日より、NRIセキュアのセキュリティ管理ソリューション「Secure Cube」と日立ソフトの情報漏えい防止ソリューション「秘文」を組み合わせて提供、セキュリティサービスの強化を図ると発表した。

 今回の連携では、クライアントPCのセキュリティ診断対策ソフト「SecureCube/PC Check」とクライアントPC資産把握ソフト「秘文ME Port Discovery」、不正接続検知・遮断ソフト「秘文ME Port Blocker」の機能を連携させる。これにより、「SecureCube / PC Check Cube Agent」がインストールされず、管理対象から漏れているPCや不正に接続されたPCを「秘文ME Port Discovery」「秘文ME Port Blocker」によって検知可能になる。

 また、セキュリティ管理対策ソフト「秘文ME Manager」のセキュリティチェック機能を「SecureCube / PC Check」のセキュリティ診断機能と連携させることで、メールソフトやウェブブラウザまで広範囲のセキュリティを診断できるようになった。

 両社は今後、NRIセキュアのコンサルティング・サービスと、日立ソフトの製品開発力を連携させることで、企業情報システムの幅広い分野で製品・ソリューションを提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR